司法書士

遺言書作成ができる職業というのは、実は複数あります。具体的には弁護士、行政書士、司法書士、税理士などが挙げられます。その中でも司法書士に焦点をあてて、司法書士に依頼をするメリットについて紹介していきたいと思います。

司法書士の良いところは、弁護士などに比べると料金が比較的安いという事です。気軽に相談ができますので、そこは大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。ただし一つ注意をして欲しいのが、司法書士の場合には相続対象に不動産がない相談ができません。不動産がない場合には、弁護士であったり司法書士、税理士にお願いをしないといけません。

司法書士は行政書士よりも劣っていると思われがちですが、遺言書作成においてはそういう事はありません。上記のように不動産がないと利用ができないという面はありますが、行政書士が係争の際には代理人にはなれないのに対し、司法書士の方は請求額が140万円までであれば代理人になる事も可能です。その点、行政書士よりも遺言書作成においてはできる事が多いと言えるでしょう。遺言書作成をしたいとお考えになられていて、どの職業の人に相談をすべきか悩んでいたという方々はここで説明をしてきた事を参考になさってみてください。