行政書士

遺言書というのは、適当な紙に適当に伝言を残せば良いというものではありません。しっかりとした形式に従って作成をしないと、遺言書としての効力を持たないのです。そのため、しっかりと専門家と遺言作成をした方が安心感があると言えるのではないでしょうか。

遺言書作成は誰に頼めば良いのか、お悩みになる方も少なくないかと思います。まず思い浮かぶのは、弁護士ではないでしょうか。確かに弁護士であれば遺言書作成はできます。そしてさらに見落としがちなのですが、行政書士も遺言書作成は可能になっています。

弁護士と行政書士の違いですが、まずは料金の違いが挙げられます。基本的には行政書士の方が料金は安いと言えるでしょう。ただし一つ注意をして欲しいのが、行政書士は係争の際には代理にはなれません。ですからそういった場合には弁護士に相談をする必要があると言えるのではないでしょうか。

弁護士と行政書士の他にも、司法書士であったり税理士というのも遺言書作成ができます。行政書士は料金も比較的安く、できる事も多いのでバランスが良いと覚えておくようにしましょう。遺言書作成のご予定があるという方々にとって、少しでも参考になってくれればと思います。